童貞の価値

女性にとって童貞というのはどのような存在なのでしょうか。男性の考えでは女性というのは童貞に対して嫌悪感をもっていて、嫌われるような存在ではないかと思ってしまうものです。ある程度の年齢での童貞なら近付こうともしてくれないのではないかとも思ってしまうものです。

しかし、個人にもよりますが、我々が男性が思っている以上に女性というのはそのようなことは思っていないです。特に最近は童貞というと根暗なイメージではなく、純粋で潔白なイメージをもってくれている女性もいます。ただ、童貞というと女性からモテない、オタクである、女性と話すのが苦手ではっきりしない男性であるという悪いイメージを持った女性もいます。

そのような女性だけでなく、最近の少し年齢を重ねた女性は年下の童貞を可愛がりたいという傾向が強くなってきました。童貞というのは女性を知りませんので、その年上の女性は思うがままに操れるのです。女性というのは年齢を重ねるごとに女性としての生理現象が終わるまで性欲を高めていくのです。

一方、男性というのは年齢と反比例して性欲は下がっていくものです。そこで童貞だと年齢的にも若く激しいセックスが期待できるのです。ただ、知識や経験を一切持っていないので、女性が充分に満足することが出来るか分かりません。

女性が性に対して開放的になることで男性への奉仕というのが当たり前になっている男女間ですが、自分から快楽を求めに行くことを選ぼうとするのです。童貞なら逆に奉仕してくれるかもしれません。また、童貞なら自分の好きなように調教ができますし、自分の快楽を得るための道具のようになってしまうでしょう。

また、童貞というのは初めてだらけで、ひとつひとつの行動が新鮮で可愛らしいと思うでしょう。女性の裸体を目の前にした童貞の行動は母性をくすぐるともに、主導権を握れるという快楽が心を満たしてくれるでしょう。単純に男女関係なく主導権を握れるというのは楽しいものです。

女性であってもそのような感情が芽生えることはおかしなことでもありません。また、その女性に出会えるのは童貞だけで、その童貞を相手にしてくれるのはそのような女性なのです。これは童貞の特権と言えるでしょう。

この特権を活かさないなんて、もったいないでしょう。この特権を活かして童貞を卒業しましょう。きっと最高の気分で童貞最後の日を迎えることが出来るでしょう。

このページの先頭へ

童貞卒業白書~そこに女性がいるから~